1階 交流ホール

図書館寄席 花鹿乃芸亭 第50回 平成31年3月9日(土)

奈良市出身の落語家 桂文鹿(かつら ぶんろく)さんプロデュースによる図書館寄席「花鹿乃芸亭」。
近世以来の伝統的話芸であり、世相や風俗の宝庫でもある落語。古典から新作まで、時代の姿を語りながら現代も映す「語られる書籍」をお楽しみください。

図書館寄席 花鹿乃芸亭 第49回 平成30年12月22日(土)

奈良市出身の落語家 桂文鹿(かつら ぶんろく)さんプロデュースによる図書館寄席「花鹿乃芸亭」。
近世以来の伝統的話芸であり、世相や風俗の宝庫でもある落語。古典から新作まで、時代の姿を語りながら現代も映す「語られる書籍」をお楽しみください。

 

ネパール民族楽器ライブ 平成31年2月2日(土)15:00---16:00(開場14:30)

「ドダウリ村のキルト展」プレイベント②。ネパールの笛バンスリ奏者 ラム・マハラジャンさんと打楽器奏者 藤澤幸生さんのライブ。

ラム.マハラジャン(バンスリ奏者)

ネパール国、パタン市に生まれる。2003年より関西を中心にネパール民謡音楽の紹介を通じて国際文化交流活動を開始。ネパールにてバンスリ演奏家Jeevan Ale氏、シタル演奏家Tara Bir Tuladhar氏に師事。定期的にインド・ムンバイにてバンスリ修行を行う。現在は中川博志氏に師事。

藤澤幸生

タブラ・打楽器奏者。ディネーシュ・チャンドラ氏、マタ・プラサード・ミシュラ氏にタブラを師事。京都を中心に各地でネパール音楽・インド音楽の演奏をしている。

上映会「世界でいちばん美しい村」 平成31年2月2日(土)11:30---13:30(開場11:00)

「ドダウリ村のキルト展」プレイベント①。

2015年4月、約9千人の犠牲者を出したネパール大地震の後、ジャーナリストとして初めて現地入りをした写真家石川梵によるドキュメンタリー作品。大地震を乗り越えて強く生きること、家族と人々の絆を感じる温かな日常を描く。参加費は一口500円(「ネパールの毛糸帽子を東北の被災地へ」プロジェクトへの寄付金に充当)。

 

【関連企画】

朗読劇「ちひさきもののうた」発表公演 2020年3月29日(日)

奈良を舞台にした朗読劇「ちひさきもののうた」に出演しませんか? 朗読や演技の基礎を学び、最終的に発表公演まで行います。

まずは毎月1回のお稽古で、ストレッチや発声、シーンスタディや演技技法など朗読に必要な基礎的なことをお伝えします。

  • 講師:小栗 一紅 劇作家・俳優・整体師。朗読劇「ちひさきもののうた」作・演出
  • 「ちひさきもののうた」:かつて奈良・登大路にあった宿 "日吉館" の名物女将、田村きよの氏を描いた作品
  • 持ちもの:動きやすい服装、飲みもの、筆記用具

◆朗読について学べるワークショップも開催しています

 

 

 

朗読ワークショップ 3

ストレッチや発声や演劇テクニックを使った遊びなどで心身を整え、朗読について学びます。

  • 講師:小栗 一紅 劇作家・俳優・整体師。朗読劇「ちひさきもののうた」作・演出
  • 朗読教材:「ちひさきもののうた」かつて奈良・登大路にあった宿 "日吉館" の名物女将、田村きよの氏を描いた作品
  • 持ちもの:動きやすい服装、飲みもの、筆記用具

朗読劇「ちひさきもののうた」発表公演の出演者も募集しています

学び直し講座「図書館学校」平成30年度 第3期【満席】

奈良県立図書情報館では、主として高校時代の教科科目から、今に繋がるテーマをピックアップし、もう一度学び直す講座「図書館学校」を開講します。1年を3期に分け、3ヶ月を単位に受講者を募集します。各期3分の2以上受講された方には、修了証を授与します。

定員に達したため、受付を終了しました。[12/28 12:00]

学び直し講座「図書館学校」平成30年度 第3期、フライヤー

学び直し講座「図書館学校」平成30年度 第3期、フライヤー

法務無料相談会&知識セミナー[第105回] 平成31年1月6日(日)

県立図書情報館では、毎月1回法務無料相談会&知識セミナーを開催しています。相続・遺言、成年後見、公正証書、交通事故、離婚、不動産、帰化、在留資格、会社設立、クーリングオフ、農地転用、年金、社会保険など、気になる法律問題について専門家の立場からアドバイスする相談会です。

毎回、相談会に先立ち、相談の多い事例をテーマに知識セミナーを開催します。

知識セミナーへの参加、各種相談は無料です。お気軽にご相談ください。

【講演会】薬草をおいしく食べる日3 「生薬が育む健康的な日常」平成31年1月19日(土)14:00~16:00 [満席]

薬草の「普段使い」の魅力と、薬学的な知識を知るための2時間。講師は伊藤美千穂(いとうみちほ 薬学博士。京都大学大学院薬学研究科准教授)、嶋田康男(しまだやすお 薬学博士。三星製薬<奈良県御所市>開発部長)。

 

 

—併催—

「薬草をおいしく食べる日3」

(日時)2019.1.19[土]ー1.20[日] 10:00〜16:00
(開催場所)奈良県立図書情報館2階エントランス
(出店とワークショップ)大和当帰生産者および加工業者など16組

図書館劇場 XIII 歴史文化を語る 第5幕 平成31年1月27日(日)

図書情報館では、千田 稔館長の公開講座を「図書館劇場」と銘打ち、平成18年度以来、年6回の連続講座を開催しています。本年度は、「歴史文化を語る」をテーマに、古代をはじめとした奈良の姿を探ります。なお、本公開講座は、奇数月の第4日曜日の13:00~16:00に開催します(全6回)。

図書館劇場 XIII 歴史文化を語る 第5幕、フライヤー

ページ

RSS - 1階 交流ホール を購読