資料利用のご案内

館内で資料を利用する

  • 館内の図書、雑誌、新聞は自由に閲覧できます。
  • 書庫にある資料は、請求書に記入の上、貸出・返却カウンターにお申し込みください。
    書庫資料の出納時間は 9:00~19:30 です。
  • 一部の資料については、閲覧の制限をすることがあります。

資料をさがす

  • 資料検索用のコンピュータを設置しています。
  • お探しの資料が見つからない場合や、操作の仕方がわからない場合は、レファレンス・カウンターにおたずねください。
  • 当館で所蔵していない資料についても、他館からの借受などで対応いたします。
  • 当館で所蔵していない新刊図書(古書や雑誌を除く)については、お1人につき年度内3冊まで希望図書として提供することができます (ご希望にお応えできない場合もあります)。

資料を借りる

  • 図書や雑誌を借りるときは、利用者カードが必要です。利用者カード交付申込書 [PDF] に記入の上、運転免許証・健康保険証・学生証など、 本人の住所・氏名・生年月日が確認できる証明書を添えて、貸出・返却カウンターに申し込んでください。 郵送による申し込み もできます。
  • 図書、雑誌は一人一度に5冊まで、15日間借りることができます。利用者カードを添えて、貸出・返却カウンターまでお持ちください。
  • 貴重図書や参考図書など、一部貸し出しのできない図書、雑誌があります。
  • 予約が入っていない資料は、1回に限り貸出期間を延長できます。返却日は貸出期間を延長した日から2週間後になります。
  • 資料が貸出中のときは、貸出予約ができます。 ネットワークサービス[PDF]の申し込みをされた方は、 インターネットからの予約・延長 もできます。
  • 刊行頻度が1ヶ月以上となる雑誌(週刊誌等は除く)の最新号は、取り置き予約ができます。
    雑誌の最新号でお1人以上の予約が入っているものについては、ネットワークサービスを利用して、当館Webページから直接予約することができます。
  • 資料の安全管理のために、貸出手続きの済んでない資料を持ち出されるとブザーがなる仕組みになっています。ご協力ください。

資料を返却する

  • 直接、貸出・返却カウンターまでお持ちください。
  • 閉館時には、正面入口横に設置してあるブックポストに入れてください。
  • 返却が遅れた場合は、その日数に応じて借受ができなくなりますので、ご注意ください。
  • 図書情報館で借りた本を地元の施設でも返却できる 遠隔地返却サービス を2007年4月17日から開始しています。

マイクロフィルムを利用する

新聞については2階、古文書等については3階の貸出・返却カウンターにお申し込みください。

視聴覚資料を見る

ビデオ、DVDなどの視聴覚資料は 2階貸出・返却カウンターにお申し込みの上、指定された AVブース でご覧ください。

オンラインデータベース、電子資料(CD・DVD)を利用する

国立国会図書館の配信資料を利用する

歴史的音源

国立国会図書館が配信提供する音源が視聴できます。音源の内容は、歌謡曲、落語、演説など約5万タイトルです。 歴史的音源(国立国会図書館サイト)

  • 2階アトリエの専用端末で視聴できます。
  • 利用には利用者カード(利用者ID、パスワード)が必要です。

国立国会図書館デジタル化資料送信サービス

国立国会図書館がデジタル化した資料のうち、絶版等の理由により入手困難な資料を閲覧・複写できます。
図書館向けデジタル化資料送信サービスについて(国立国会図書館サイト)

  • 3階の専用端末でご利用いただけます。
  • 利用には利用者カード(利用者ID、パスワード)が必要です。
  • 複写は職員が行います。