薬草をおいしく食べる日2関連企画 座学①「すぐに使える!おいしい!奈良の薬草『大和当帰』の活用法」 平成29年10月22日(日)11:00—(受付終了10/4)

【受付終了しました】〜奈良の和ハーブをまなんで楽しむマーケット〜薬草をおいしく食べる日2関連講座①。話題の薬草「大和当帰」の料理法などについて、料理人と生産者がお話します。ミニ試食&大和当帰生葉のおみやげつき(参加費:¥1,000、一人)。

画像をクリックすると、jpegファイルが表示されます。

⇨11:00〜(約1時間) 〜事前予約必要、有料〜

 ①「すぐに使える!おいしい!奈良の薬草『大和当帰』の活用法」

 講師:吉田奈麻(国際中医薬膳管理師 / POWER OF FOOD代表)

    保科政秀(ポニーの里ファーム/ 大和当帰生産者)

    宇陀容子(料理人)

☆事前予約必要

 参加費:¥1,000(一人)(ミニ試食&大和当帰生葉のおみやげつき)

講師紹介

吉田奈麻(よしだ・なお)

1973年生まれ。法務省大阪入国管理局職員を経て、2014年国際中医薬膳管理師を取得。15年薬膳カフェ「POWER OF FOOD」を奈良市法蓮町にオープン。カフェとスタジオを兼ねたスペースで、薬膳セミナーを定期的に開催。出張講師も務める。

保科政秀(ほしな・まさひで)

滋賀県出身。奈良県在住。大学院生の頃から高取町のまちづくりに関わる。民間企業に勤務後、2014年から現職。薬草の6次産業化を進めるため奮闘中。県内外で薬草に関するワークショップやイベントを企画実施し、「薬のまち奈良」のPR活動を行っている。

宇陀容子(うだ・ようこ)

創作料理を得意とし、親子二代にわたり橿原市内で飲食店を営む。「手作りとは食材から作ること。料理人の日常のはじまりは畑作業から」——食用可能な数種の薬草を栽培し、余すことなく食す「真の薬草料理人」を目指す。

 

【関連企画】

〜奈良の和ハーブをまなんで楽しむマーケット〜

薬草をおいしく食べる日2

平成29年10月22日(日)10:00—16:00

奈良県産の薬草を使ったフードなど、からだによいもののお店&ワークショップがならびます。話題の奈良県産薬草「大和当帰」についてのレクチャーも同日開催。“学んでおいしい奈良の薬草”お楽しみください。

 

日時

2017.10.22(日) 11:00 to 12:00

開場時間

10:30

会場

ゲスト

保科政秀(ポニーの里ファーム/ 大和当帰生産者) 宇陀容子(料理人)

ファシリテーター

吉田奈麻(国際中医薬膳管理師 / POWER OF FOOD代表)

コーディネーター

POWER OF FOOD

主催

奈良県立図書情報館

タイプ

イベント

お問い合わせ先

〒630-8135 奈良市大安寺西1丁目1000番地
奈良県立図書情報館
TEL 0742-34-2111
FAX 0742-34-2777