1階 交流ホール

図書館劇場 XIII 歴史文化を語る 第4幕 平成30年11月25日(日)

図書情報館では、千田 稔館長の公開講座を「図書館劇場」と銘打ち、平成18年度以来、年6回の連続講座を開催しています。本年度は、「歴史文化を語る」をテーマに、古代をはじめとした奈良の姿を探ります。なお、本公開講座は、奇数月の第4日曜日の13:00~16:00に開催します(全6回)。

 

 

「奈良県の鉄道と吉野鉄道」:図書展示「大和から奈良へ~150年の記憶とつながり~」関連講演会 平成30年10月28日(日)

モクモクと煙をあげ力強く走る蒸気機関車は、明治維新後の近代化の象徴だったといえます。奈良県内の鉄道敷設は、明治23年の大阪鉄道線開通(奈良~王寺間)から始まりました。明治元年から150年、その記憶とつながりを県内鉄道史と吉野鉄道にスポットを当て、近代日本における鉄道の歴史地理を精力的に研究されている奈良大学教授の三木理史氏より講演していただきます。

 

 

   

法務無料相談会&知識セミナー[第101回] 平成30年9月16日(日)

県立図書情報館では、毎月1回法務無料相談会&知識セミナーを開催しています。相続・遺言、成年後見、公正証書、交通事故、離婚、不動産、帰化、在留資格、会社設立、クーリングオフ、農地転用、年金、社会保険など、気になる法律問題について専門家の立場からアドバイスする相談会です。

毎回、相談会に先立ち、相談の多い事例をテーマに知識セミナーを開催します。

知識セミナーへの参加、各種相談は無料です。お気軽にご相談ください。

図書館寄席 花鹿乃芸亭 第48回 平成30年10月6日(土)

奈良市出身の落語家 桂文鹿(かつら ぶんろく)さんプロデュースによる図書館寄席「花鹿乃芸亭」。
近世以来の伝統的話芸であり、世相や風俗の宝庫でもある落語。古典から新作まで、時代の姿を語りながら現代も映す「語られる書籍」をお楽しみください。

 

学び直し講座「図書館学校」平成30年度 第2期 [満席]

台風21号が接近しているため、開校記念講座の日程を、下記のとおり変更します。
9/4(火)(10:00~11:30)→ 9/6(木)(13:30~15:00) 受付は、12:30 から開始します。

どうぞよろしくおねがいいたします。[9/2]

奈良県立図書情報館では、主として高校時代の教科科目から、今に繋がるテーマをピックアップし、もう一度学び直す講座「図書館学校」を開講します。1年を3期に分け、3ヶ月を単位に受講者を募集します。各期3分の2以上受講された方には、修了証を授与します。

満席のため、受付終了しました。[8/18 16:00]

学び直し講座「図書館学校」平成30年度 第2期、フライヤー

オーストリア文化フォーラムプレゼンツ 「トリオ・イメーシオ コンサート」 平成30年9月9日(日) [満席]

満席のため、申込みを締切ました。[9/2 19:30]

奈良県立図書情報館では、オーストリア文化フォーラム・オーストリア大使館の協力で「トリオ・イメーシオ コンサート」を開催します。

異なる背景を持つ3人の音楽家が集まり、それぞれの違いを活かしながら、巧みに表現することに成功しているトリオ・イメーシオ。ウクライナのヴァイオリニスト、ヴィラ・ツック、セルビアのチェリスト、ネマニア・スタンコヴィッチ、そしてグルジアのピアニスト、マリアム・ヴァルツェラシビリは、古典派から現代音楽にいたるウィーン音楽の数百年の歴史を追求しています。

ウィーンを拠点に活動しながら、特にオーストリアの作曲家の作品に注力しており、オーストリア銀行芸術賞、フィデリオコンクール賞などいくつもの賞を受賞。また、ウィーン楽友協会やウィーンコンツェルトハウスなど、主要なコンサートホールにも定期的に出演しています。オーストリア若手演奏家支援プログラムNASOM2018/19にも選出され、世界での活躍が期待されています。

映画上映会「遺影、夏空に近く」横田丈実監督作品 平成30年8月12日(日)

奈良県立図書情報館では、映画上映会「遺影、夏空に近く」を開催します。

この映画は「遺影写真」を巡るドキュメンタリー。登場するのは7つの家族と、個性豊かな「遺影写真」です。 舞台となるのは日本のふるさと「いかるがの里」。お坊さんの監督が描くひと夏の奈良の光景を描いた作品です。

また、この上映会に合わせ、関連展示「遺影 de YEAH!」を開催します。

「遺影 de YEAH!」は生前に遺影写真を撮影するイベントです。これまで映画上映に合わせて、奈良の各地で撮影された遺影写真を展示しています。

【展示】 撮影:丸山隆史(B WORKs PHOTOGRAPHY)

  • 会期:8月1日(水)~8月12日(日)
  • 会場:奈良県立図書情報館 2階カフェ横

~築・土・構・木~ 奈良を襲った大水害の記憶と教訓 <災害防災文庫開設記念講演会> 平成30年8月19日(日)

図書情報館では、災害防災文庫開設記念として、「~築・土・構・木~  奈良を襲った大水害の記憶と教訓」を開催します。

昭和57年8月に奈良盆地を襲った大和川大水害、奈良盆地特有の河川の成り立ちや地域の変遷などを踏まえ、都市部における総合的な治水対策および平成23年9月の紀伊半島大水害、奈良県南部東部地域に大きな被害を与えた土砂災害について現場での体験や現在の復旧状況について、前奈良県まちづくり推進局長の金剛一智氏より講演いただきます。

【災害防災文庫】

東日本大震災や紀伊半島大水害等の教訓を伝える情報を提供するとともに、近い将来に発生が危惧されている南海トラフ地震など広く災害を知り、防災・減災を考えるのに役立つ情報を提供し、先人たちが残した災害経験から培われた災害の記録と災害文化の記憶を語り継ぎます。

       

森の学校 ~奈良県の木を使って「木の風鈴」を作ろう~ 平成30年8月11日(土・祝)

図書情報館では、奈良県「山と川の月間」イベント、「森の学校」を開催します。

木の標本展示や木に関するパネル展示、奈良県の木を使った木工クラフト(木の風鈴)製作も行います。夏休みの思い出に、自然の素材で素敵な作品を作ってみませんか?

  • 定員:先着100名(当日受付順)
  • 場所:図書情報館1階 交流ホール
  • 参加費無料

ページ

RSS - 1階 交流ホール を購読